· 

高圧モーターステーターコイル巻き替え

高圧モーターのステーターコイル巻き替え
高圧モーターのステーターコイル巻き替え
機器種類 高圧モーター340kW
現地/工場持込 工場持込
お客様エリア 岩手県 
お客様業種 発電業
ご相談内容 長年使用しているため、コイル焼損状態ではないものの経年劣化傾向が確認さるモーターであるが、設備更新時期までは何とか稼働させたい。
施工内容 ステーターコイル巻替含むオーバーホール

地熱発電所のお客様から依頼を頂き、高圧モーターのステーター巻き替え修理を行いました。長年使用しているモーターであり、コイル焼損状態ではないものの、経年劣化傾向が確認されました。お客様より、「数年後に計画的な設備更新を予定しているが、設備更新時期までトラブルなく稼働させたい」との依頼を頂いたため、コイル巻き替え整備で対応しました。

整備/修理前の状態(Before)

長年使用しているモーターであり、コイル焼損状態ではないものの、経年劣化傾向が確認されました。お客様より、「数年後に計画的な設備更新を予定しているが、設備更新時期までトラブルなく稼働させたい」との依頼を頂いたため、コイル巻き替え整備で対応しました。

整備/修理結果(After)

高圧モーターのコイルについては、木型でコイル巻きをした後に、プルアウトマシン等で最終成型することが一般的です。高圧モーターに限らずですが、コイル入れ作業の際は、絶縁テープ等の絶縁物が傷つかないように慎重な作業が求められます。耐圧試験も行い問題ないことが確認できたら、組立・仕上を行い、最終的に無負荷試験をおこなって整備完了となります。

ワンポイントアドバイス

コイル銅線は低圧モーターだと丸線が用いられることが多いですが、高圧モーターだと平角線であることが一般的です。平角銅線においては、国内の主要メーカーの事業撤退/海外拠点への生産移転などにより、近年、材料仕入が難しい環境になっておりますが、弊社では、コイル材料調達ルートを確保しております。ただし、仕入納期が相応にかかってしまうことが多いため、納期については都度相談(平角線の仕入次第)にてご容赦下さい。

納期は都度ご相談になりますが、どのような高圧モーターでも巻き替え整備・修理自体は可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

1.分解前
1.分解前
2.分解中
2.分解中

3.コイル抜き
3.コイル抜き
4.コイル巻き
4.コイル巻き

5.コイル成型
5.コイル成型
6.ステーターコイル入れ
6.ステーターコイル入れ

7.ステーターコイル入れ完了
7.ステーターコイル入れ完了
8.組立中
8.組立中

9.組立完了
9.組立完了

株式会社釜石電機製作所

第一工場

〒026-0055 岩手県釜石市甲子町第9地割171-4
TEL 0193-23-8151
FAX 0193-23-8159

事務所・第二工場

〒026-0053 岩手県釜石市定内町3丁目3-15
TEL 0193-21-1751
FAX 0193-21-1752

北上事業所

〒024-0011 岩手県北上市堤ケ丘1丁目8-20
TEL 0197-64-0192
FAX 0197-64-0194

サイトマップ
Copyright © KAMAISHI electrical machinery factory Co.,Ltd All rights reserved.